のすたるじぃ〜懐古掲示板


[記事表示に戻る]

◇-図書室-りっく・おーしぇ(7/8-11:21)No.7323
 ┣図書委員会からのお知らせです。-やんごとなき姫(7/17-12:02)No.7324
 ┃┗Re:図書委員会からのお知らせです。-りっく・おーしぇ(7/19-11:04)No.7325
 ┗Re:図書室-白獅子仮面(8/12-19:59)No.7329
  ┗Re:図書室-はすぴー(8/14-10:01)No.7331


トップに戻る
7323図書室りっく・おーしぇ 7/8-11:21
小学校の3,4年のころのことです。

図書室で本を借りるときには5年生か6年生の上級生の図書委員の人がいて

図書カードに貸出日と返却予定日を書いてゴム印を押してくれた記憶があるのですが

1年くらい借りっぱなしだったこともあった記憶も(笑)

ただ、図書委員になったことが無いので放課後図書室に通ったのかな?
3,4クラスはあったので5,6年で12人はいた計算になるからローテ組めば
週1回くらいで間に合ったのかと今にして思う(^^;

トップに戻る
7324図書委員会からのお知らせです。やんごとなき姫 7/17-12:02
記事番号7323へのコメント
小学校の高学年のころ、図書委員をしていました。

確か、学年ごとに本を借りる曜日が決まっていて、たとえば、火曜日が1〜2年生
が本を借りる日の場合、月曜日の給食の時間に、放送室に行って、

『図書委員会からのお知らせです。
 あす、火曜日は、1年生と2年生の本の貸し出し日です。
 本を返す人は、明日、本を忘れないように学校へ持ってきてください。』

と、アナウンスをした記憶があります。

確か、クラスで各委員を決めました。
学級委員、図書委員、保健委員、飼育委員、掲示委員、放送委員、など。
各クラスから男女1名ずつの構成だったと思います。
任期は学期ごと(3学期制)だったと記憶しています。












トップに戻る
7325Re:図書委員会からのお知らせです。りっく・おーしぇ 7/19-11:04
記事番号7324へのコメント
>
>確か、クラスで各委員を決めました。
>学級委員、図書委員、保健委員、飼育委員、掲示委員、放送委員、など。
>各クラスから男女1名ずつの構成だったと思います。
>任期は学期ごと(3学期制)だったと記憶しています。
>
委員もなつかしいですね。

体育委員というのがあったかなー、うちの学校。
あとは美化委員。花瓶の水替えとかね。

がっこうにウサギとニワトリがいた記憶があって小屋もあったけれど
生徒が世話した記憶が途切れる。

いちおう代表員会の議長という役職で自動的に放送委員とかやっていたのだけれど
実質、朝礼の号令かけと昼・帰りの校内放送やってただけだった(^^;

トップに戻る
7329Re:図書室白獅子仮面 8/12-19:59
記事番号7323へのコメント
りっく・おーしぇさんは No.7323「図書室」で書きました。
>小学校の3,4年のころのことです。
>
>図書室で本を借りるときには5年生か6年生の上級生の図書委員の人がいて
>
>図書カードに貸出日と返却予定日を書いてゴム印を押してくれた記憶があるのです
が
>
>1年くらい借りっぱなしだったこともあった記憶も(笑)
>
>ただ、図書委員になったことが無いので放課後図書室に通ったのかな?
>3,4クラスはあったので5,6年で12人はいた計算になるからローテ組めば
>週1回くらいで間に合ったのかと今にして思う(^^;


図書室、懐かしいですね。一時期図書委員やってました。当時好きだった子が本を
返しに来ると、それを本棚には並べずにカウンターの下に隠してね、そのまま自分
が借りて帰るんです。でもって本に残ったその子の感触(実際はそんなものありま
せんが)を想いながらページをめくったものです。今にして思えば変態ですね。

トップに戻る
7331Re:図書室はすぴー URL8/14-10:01
記事番号7329へのコメント
>当時好きだった子が本を
>返しに来ると、それを本棚には並べずにカウンターの下に隠してね、そのまま自分
>が借りて帰るんです。でもって本に残ったその子の感触(実際はそんなものありま
>せんが)を想いながらページをめくったものです。

あは、同じ経験ありです。
まったく興味のない本を借りて頬釣りしていました(笑)
好きな人の自宅を探したりもしました。まさにストーカー行為ですね、

ちなみにうちのカミさんは今、中学校で図書室の先生(司書)をやっていますが
色々な生徒がきて楽しいと言っています。



[記事検索] [カスタマイズ] [記事管理] [過去の記事] [戻る]

Script written by Akihiro Katoh
Transcribed by Shinji Miyahara